HOME > 業務内容 > 解体工事

造成工事

解体工事の事例

「造成工事」とは、新しく建物を建設する時に必要となる工事のことで、土砂の搬入搬出をともなう工事です。建築する住宅やビルが傾いたりしないよう、しっかりとした土台を作る基礎工事などを行います。

造成工事は、建築する建物の種類や建物の利用目的によって、内容が異なります。
たとえば「宅地造成工事」とは、宅地造成工事規制区域内で「宅地以外の土地を宅地にするため又は宅地において行う土地の形質の変更」の事です。

宅地造成工事によるがけくずれと土砂の流出による災害を防止するため、法律に基づき指定された区域内で一定規模以上の「切土」、「盛土」、「整地」の工事を行うときには、「宅地造成等規制法」に基づいて許可を得る必要があります。

造成工事の内容によってご提案内容も変わりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

造成工事に関するお問い合わせ

造成工事に関するお問い合わせにつきましては、「お問い合わせフォーム」よりご連絡下さい。

お問い合わせ内容を確認し、担当者よりご連絡させていただきます。

お問い合わせはこちらから

▲このページの先頭へ