HOME > 解体工事業務について > 解体工事の流れ

解体工事の流れ

解体工事の流れ

株式会社和興の解体工事業務は以下のような流れで業務を行います。

1. 現地調査(お見積もり)

現地調査建物構造種別・解体作業環境・近隣環境・搬入搬出ルート確認・解体作業重機車両選定など解体工事にかかる費用・解体方法方などをご説明致します。

↓

2. 解体工事契約

解体工事契約解体工事の内容、解体工事にかかる費用、お見積もりの内容に納得いただきましたら工事の契約となります。

建物解体によって生じる産業廃棄物の分別リサイクル(再資源化)を促進するために定められた法律「建設リサイクル法」により、解体する建築物の届出が義務付けられています。

解体により生じる産業廃棄物について、以下のようにリサイクル(再資源化)されます。

  • 金属・・・製鉄原料
  • コンクリート・・・砕石,アスファルト
  • 石膏ボード・・・石膏ボード
  • 木屑・・・燃料チップ、パーティクルボード
  • プラスチック・・・プラスチック再生原料
  • ガラス/陶器・・・陶器再生原料

↓

3. 近隣の方々への解体工事のご案内

近隣の方へのご案内解体工事現場近隣の方々にご挨拶及び解体工事概要・作業工程・緊急連絡先などをご説明いたします。

↓

4. 解体工事着工

解体工事着工解体工事工程に基づき、解体工事に着工いたします。

解体工事期間中は現場の作業環境や状況により万全の対応を行います。

  • 防音対策:防音シート・防音パネル養生・低騒音型重機使用
  • 振動対策:余剰付加をかけない操作・重機低速走行
  • 防塵対策:水撒き・防炎シート
  • 安全対策:毎日のKY活動・安全帯使用・ガードマン確保

↓

5. 廃棄物の搬出

廃棄物の搬出解体工事により生じた産業廃棄物を分別し中間処理施設へ搬出します。

廃棄物は「廃棄物処理法」に基づき、正しく処理いたします。

↓

6. マニフェスト伝票の作成

マニフェスト伝票の作成解体工事、廃棄物の搬出が完了しましたら、「マニフェスト伝票」を作成いたします。

マニフェスト伝票とは産業廃棄物の不法投棄を防ぐために、解体工事現場から出た産業廃棄物がどのように処理されたのかを書類にしておくもので5年間の保存が義務付けられています。

↓

7. 工事完了

工事完了解体工事完了後の現場確認をしていただきます。

当社(株式会社 和興)より提出いたします家屋取り壊し証明書(印鑑証明書、会社謄本)を添付して最寄の司法書士にご依頼のうえ建物減失登記を行ってください。

お問い合わせはこちらから

▲このページの先頭へ