HOME > 解体工事業務について > 解体工事関連用語集

解体工事関連用語集

解体工事関連用語集

解体工事に関する用語を説明いたします。

建設リサイクル法

建設リサイクル法(正式名称「建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律」)とは、建設資材の適正処理と再資源化の促進を目的として、平成12年5月31日に公布されました。

「建設リサイクル法」の主な内容は、次の3点です。

  1. 建築物等に使用されている建設資材の分別解体等と再資源化等の義務付け
  2. 発注者による工事の事前届出、元請業者から発注者への書面による報告の義務付け
  3. 解体工事業者の登録制度や技術管理者による解体工事の監督

分別解体など及び再資源化などに対する命令違反や、届出・登録なdの手続きの不備等があった場合、所要の罰則規定が適用されることになります。

廃棄物処理法

「廃棄物処理法」とは、廃棄物の処理及び清掃・管理を定めたもので、廃棄物の処理を厳密に監視し〔生活環境保全〕〔社会通念〕〔適切なリサイクル〕を育む為の法律です。

マニフェスト伝票

「マニフェスト伝票」とは、産業廃棄物の不法投棄を防ぐために、解体工事現場から出た産業廃棄物がどのように処理されたのかを書類にしておくものです。マニフェスト伝票は5年間の保存が義務付けられています。

建物滅失登記

「建物滅失登記」とは、建物を建てたり所有者が変わった場合法務局に登記が必要なのと同じ様に建物を壊した場合も法務局に登記が必要となり、この登記を滅失登記と言います。

お問い合わせはこちらから

▲このページの先頭へ